menu1





組合員向け情報

JAのご紹介 幕別農業のご紹介 青年部・女性部のご紹介 採用情報 特産品 おもしろレシピ 農家の暮らし ニュース&トピックス まーくんの観察日記 花嫁募集 農業実習生募集


ビートの栽培こよみ

【1】
3月上旬〜中旬
ペーパーポット(紙筒)に土を詰め、種を播きます。
写真は播種工場で流れ作業で種を播いています。
【2】
3月中旬〜4月下旬
各農家のビニールハウス内で育苗します。1週間くらいで発芽し、写真の苗ずらしという作業も行います。
【3】
4月下旬〜5月上旬
雪が融け、畑が乾いたら、移植機で定植します。
【4】
定植したばっかりの甜菜です。
【5】
5月下旬
暖かくなり、葉がどんどん伸びてきます。
【6】
6月中旬
葉が大きくなるとともに、根も太り出します。
【7】
8月中旬
畑が緑で覆われてしまいました。
虫や病気を防ぐため、薬剤散布も行います。
【8】
8月下旬
根が大きくなりました。秋に向かって、もう少し大きくなり、甘くなっていきます。
【9】
10月上旬〜11月中旬
ビートハーベスターという機械で収穫です。甜菜の葉を切り、根だけを掘りとって収穫します。
【10】
畑の隅や堆積場に積み、出荷を待ちます。
甜菜は1個1kg程度、大きい物で3kgほどにもなります。
【11】
10月中旬〜12月下旬
堆積しておいた甜菜を製糖工場に出荷します。
【12】
日本甜菜製糖 芽室製糖所で砂糖になります。
砂糖になるまではニッテンのホームページで