menu1





組合員向け情報

JAのご紹介 幕別農業のご紹介 青年部・女性部のご紹介 採用情報 特産品 おもしろレシピ 農家の暮らし ニュース&トピックス まーくんの観察日記 花嫁募集 農業実習生募集



「きたロッソ」は、十勝農業試験場で育種された新品種で、JA幕別町では2017年から試験栽培、2021年から本格栽培に取り組んでいます。まだまだ道内でも希少な品種です。
金時豆としては「大正金時」が有名ですが、煮た場合に赤色が薄くなり、煮くずれしてしまうこともありました。また、サラダやスープなどの洋風料理には、これまで輸入品の赤いんげん豆(レッドキドニー)が使われていましたが、品質やおいしさにバラツキがありました。
これらの欠点を補うために育種されたのが、国産初のサラダやスープに適した赤いんげん豆「きたロッソ」です。

 

/落ちがしない
国産赤いんげん豆は(金時豆)は調理をすると赤色が薄くなってしまいますが、「きたロッソ」は鮮やかな“赤”を保つことができます。
暖色である赤色は食欲を促進させる色とされており、いつものお料理がより一層おいしく引き立ちます。
 ⊆冓れがしにくい
「きたロッソ」は調理の過程で皮切れや煮崩れが少なく、洋風料理に対して優れた特徴を持っています。
料理の見栄えを損なわせないだけでなく、飲食店用などでご使用になられる際には、製品ロスもより少なく済ませることができます。
 
 M入豆より優れた食味と外観
既存の「大正金時」に比べ乾豆の遊離アミノ酸含有量は同等ですが、煮豆加工後の遊離アミノ酸は「きたロッソ」のほうが多く、特に旨み成分の一つである《グルタミン酸》は海外産レッドキドニーと比較しても多く含まれています。
 

引用元:道総研 戦略研究報告書「素材・加工・流通技術の融合による新たな食の市場創成」(2020.3)※2015年産にて比較

つ翰例


サラダ              豆パン


炊き込みご飯            キーマカレー


クリームシチュー          筑前煮  


あんみつ  

幕別町の広大な大地で育った新鮮な農産物の栽培の様子をご紹介します!